個人輸入代行の仕組み|犬・猫に寄生した害虫をまとめて撃退!レボリューションで害虫駆除

犬・猫に寄生した害虫をまとめて撃退!レボリューションで害虫駆除

個人輸入代行の仕組み

白と青のカプセル

本来、医薬品を入手するためには、モノによっては医療機関から必ず処方してもらわなければいけません。
レボリューションもそうなのですが、では、個人輸入代行サービスを使ってネット上で注文することに違法性はないのでしょうか。

先ほども軽く言いましたが、個人輸入代行サービスで販売されている医薬品は、すべて海外から輸入している医薬品です。
実は、個人の利用目的である場合に限り、海外から医薬品を輸入することが許可されています。
また、処方箋がなければ処方してもらえないというのは日本国内でのルールであり、海外でもこのルールが適用されているわけではありません。
そのため、仮に日本で処方箋医薬品に指定されているモノであっても、海外でふつに販売されている医薬品であれば処方箋なしで購入してもまったく問題ないのです。
ただ、このサービスは元々、海外で海外製の医薬品を使って治療を受けていた日本人が、帰国してからも同じ海外製の医薬品で治療を続けられるようにという意味合いで登場したサービスです。
そのため、「個人の利用目的のため」という前提は必ず守らなければいけず、もし注文した医薬品を誰かにあげるなどしてしまった場合は、その時点で違法性が生まれてしまうので注意しましょう。

また、ネット上で購入した医薬品を使用しても問題ないのかと考える方もいると思いますが、個人輸入代行サービスで取り扱っている医薬品はすべて正規品だと認められたモノばかりです。
入念な成分鑑定などをすべてクリアし、成分・効果・安全性のすべてが問題ないと判断された医薬品しか販売していないのです。
レボリューションのような犬・猫用の医薬品ももちろん例外ではないので、安心して購入・投与できますよ。